氏  名
 小川  宏
 おがわ ひろし

専門領域
体育原理、スポーツ哲学、バレーボール

メッセージ
スポーツプレイヤーに対して「脳味噌まで筋肉なんじゃない?」なんて事を言って馬鹿にする人もいるが、スポーツプレイヤーにとって筋肉は厳しいトレーニングの末に獲得できる宝物、「脳味噌、脂肪で出来てる」なんて言われるよりよっぽど嬉しい。頭だって体と同様、トレーニングしなければパワーアップやスピードアップなんて出来ない、そのトレーニングの結晶が筋肉ならば「脳味噌筋肉」は「鍛え上げられた脳味噌」ということ、つまり最大級のほめ言葉なのだ。そんなことを言われたスポーツ(ウー)マンのあなた、「あなたの脳味噌こそ脂肪でダブついてませんか?」と言い返してあげましょう。<小川宏の発想辞典より〜>

主たる研究
バレーボールのゲーム構造に関する研究、スポーツにおける目的・目標論

最近の著書
または論文
「バレーボールのゲーム中に必要な声に関する研究」(共)2001
「ラリーポイント制によるバレーボールゲームの得点傾向について」(共)2000

社会的活動
日本体育・スポーツ哲学会幹事、福島県学校体育研究連合会幹事、大学体育連合東北支部幹事、福島県ビーチバレー連盟理事長、第14〜16回FTV友情の船講師、福島県成年男子6人制バレー国体選手、ビーチバレー男子福島県代表

担当授業
体育原理、スポーツ文化論、バレーボール、マリンスポーツ、スキー、スポーツ企画特講他

顧  問
福島大学男子バレーボール部監督、福島大学女子バレーボール部監督

メールアドレス
 ogawa@educ.fukushima-u.ac.jp

ホームページ
 http://www2.educ.fukushima-u.ac.jp/~ogawa/

戻る